甲斐山中・江戸

甲斐の国山中に立寄て

行駒の麦に慰むやどり哉

卯月の末、庵に帰りて旅のつかれをはらすほどに、

夏衣いまだ虱をとりつくさず

現代語訳

甲斐の国の山中に立ち寄って、

私を乗せてきた甲斐の馬が、この宿で穂麦をご馳走になった。むしゃむしゃとよく食べている。それを見ていると私も心が慰められる。

卯月の末、深川の庵に帰ってた旅のつかれをはらしているうちに、

夏衣いまだ虱をとりつくさず

旅から帰ってきたら気が抜けてぼんやりしてしまった。旅の間着ていた夏衣を、虱も取らず、そのまま着て、毎日ぼんやりしている。

語句

◆甲斐…熱田から甲斐へのコースは三説ある。①木曽から甲斐へ出た。②東海道の蒲原から富士川をさかのぼり甲斐に出た。③伊豆の三島から御殿場から甲斐へ入った。


野ざらし紀行 地図4

≫次の章 「旅の後」
≫『野ざらし紀行』目次へ

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら