上総から下総へ

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

原文

十七日のつとめて、立つ。昔、つもつさの国に、まののてうといふ人住みけり。ひきぬのを千(ち)むら、萬(よろづ)むらおらせ、漂(さら)させけるが家のあととて、深き河を舟にて渡る。昔の門の柱のまだ残りたるとて、大きなる柱、河の中に四つたてり。人々歌詠むを聞きて、心のうちに、

朽ちもせぬ この河柱のこらずは 昔のあとを いかで知らまし

その夜は、くろとの浜といふ所に泊まる。片つかたはひろ山なる所の、すなごはるばると白きに、松原茂りて、月いみじうあかきに、風のおともいみじう心細し。人々をかしがりて歌よみなどするに、

まどろまじ こよひならでは いつか見む くろとの浜の 秋の夜の月

語句

■まののてう 不明。「まの」という土地の「長(長者)」のことか? ■疋布 二反つづきの布。二反=一匹(疋)。 ■むら 反物を数える単位。 ■くろとの浜 千葉県木更津市小櫃(おびつ)川河口付近とすると道順が逆行している。または千葉市中央区能戸(のぶと)より稲毛区に至る一帯という説も。よくわからない。 ■ひろ山 こんな言葉は無い。「ひら山」の誤りか。または「ひろやか」か。 

現代語訳

十七日の早朝、出発する。昔、下総の国に、まのの長という人が住んでいたという。匹布を千むら万むら練らせ、晒させた家の跡といって、深い川を舟で渡。昔の玄関の柱がまだ残っているということで、大きな柱が、川の中に四つ立っている。それを見て人々が歌を詠むのを見て、私は、

朽ちることもなくこの川柱が姿をとどめていなければ、昔の跡をどうやって知っただろう。

その夜は、くろとの浜という所に泊まった。片方は広い山になっている所の、はるか向こうまで砂浜が白く広がっている。松原が茂って、月がたいそう明るく、風の音もひどく心細い。人々が風情を感じて歌を詠んだりしている中、私も、

今夜は一睡もしないことにしましょう。だって今夜をおいて、いつ見るのです。くろとの浜の秋の夜の月を。

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

前の章「門出」|次の章「産後の乳母を見舞う

解説:左大臣光永

目次
リンク
>