甲斐山中・江戸

スポンサーリンク

甲斐の国山中に立寄て

行駒の麦に慰むやどり哉

卯月の末、庵に帰りて旅のつかれをはらすほどに、

夏衣いまだ虱をとりつくさず

現代語訳

甲斐の国の山中に立ち寄って、

私を乗せてきた甲斐の馬が、この宿で穂麦をご馳走になった。むしゃむしゃとよく食べている。それを見ていると私も心が慰められる。

卯月の末、深川の庵に帰ってた旅のつかれをはらしているうちに、

夏衣いまだ虱をとりつくさず

旅から帰ってきたら気が抜けてぼんやりしてしまった。旅の間着ていた夏衣を、虱も取らず、そのまま着て、毎日ぼんやりしている。

語句

◆甲斐…熱田から甲斐へのコースは三説ある。①木曽から甲斐へ出た。②東海道の蒲原から富士川をさかのぼり甲斐に出た。③伊豆の三島から御殿場から甲斐へ入った。


野ざらし紀行 地図4

≫次の章 「旅の後」
≫『野ざらし紀行』目次へ

解説:左大臣光永



──── 発売中 ────

中国語朗読つき 李白 詩と生涯
中国語と日本語による朗読、わかりやすい解説で、李白の詩の世界を学べます。中国語の学習にもおすすめです。

現代語訳つき朗読『おくのほそ道』
わかりやすい現代語訳つきで『おくのほそ道』の世界をより深く楽しめます。旅のお供に。またご自分で俳句や短歌を作られる方にも。

朗読・解説『方丈記』
ゆく河の流れは絶えずして…おなじみの書き出しで始まる鴨長明の名文。格調高い言葉のむこうに、現在にも通じる混乱した世相が見えてきます。