布佐・鹿島・根本寺

日既に暮かゝるほどに、利根川のほとり、ふさといふ所につく。此川にて鮭の網代といふものをたくみて、武江の市にひさぐもの有。よひのほど、其漁家に入りてやすらふ。よるのやどなまぐさし。月くまなくはれけるまゝに、夜舟さしくだしてかしまにいたる。

スポンサーリンク

現代語訳

日がようやく暮れかかるころ、利根川のほとり布佐という所につく。この川で鮭をとるために網代を仕掛けて、江戸の市で商売をしているものがあった。宵の間、その漁師の家で休んだ。夜の宿は生臭い。月がくまなく晴れわたっているのにまかせて、夜に舟を出発させて川を下り鹿島に至る。

語句

◆ふさ…布佐。千葉県東葛飾郡我孫子町布佐。鹿島への舟に乗る場所。 ◆鮭の網代…「網代」は川中に杭を打ち込んで、杭と杭の間に竹や網をはりめぐらして魚を捕るしかけ。京都の宇治川の網代が有名。利根川の鮭は当時著名だった。 ◆たくみて…工作して。 ◆武江の市…隅田川江戸の市。 ◆ひさぐ…商売をする。 ◆漁家…漁師の家。 ◆よるのやどなまぐさし…白楽天「縛戎人」に「夜の宿醒ソウ【月+操の右側】(せいそう)にして牀席(しょうせき)を汚す」による。「よるの宿なまぐしとはむべもいひけり」(『挙白集』)。「夜の宿なまぐさしといひける人の詞も思ひ出でらる」(『東関紀行』)。


ひるよりあめしきりにふりて、月見るべくもあらず。ふもとに、根本寺のさきの和尚、今は世をのがれて、此寺におはしけるといふを聞て、尋入てふしぬ。すこぶる人をして深省を発せしむと吟じけむ、しばらく清浄の心をうるににたり。あかつきのそら、いさゝかはれけるを、和尚起し驚シ侍れば、人々起出ぬ。月のひかり、雨の音、たゞあはれなるけしきのみむねにみちて、いふべきことの葉もなし。はるゞると月みにきたるかひなきこそほゐなきわざなれ。かの何がしの女すら、郭公の歌、得よまでかへりわづらひしも、我ためにはよき荷担の人ならむかし。

現代語訳

昼から雨がしきりに降って、月を見ることもできない。鹿島山のふもとに根本寺の前の和尚仏頂上和尚が今は世を逃れてこの寺にいらっしゃると聞いて、訪ねていって泊まった。杜甫が「人をして深省を発せしむ」と詠んだ、実にそんな感じで、しばらく清らかな心を得た気持ちになった。夜明けの空がちょっと晴れてきたころ、仏頂和尚が寺の人々を起こすと人々は起きてきた。月の光、雨の音、ただ趣深い景色ばかりが胸に満ちて、句など、とてもできない。はるばると月を見にきたのに甲斐の無く、不本意なことだ。しかし、かの清少納言だって、ほととぎすの声を聞いたものの、ついに歌を詠まないで帰るのを気に病んだというから、清少納言は私にとって心強い味方といえるかもしれない。

語句

◆ふもと…鹿島山の麓。 ◆根本寺のさきの和尚…「根本寺」は臨済宗妙心寺派。推古天皇の発願により聖徳太子が建立。「さきの和尚」は根本寺前住職仏頂和尚。深川で芭蕉と交流があった。 ◆「すこぶる人をして深省を発せしむ」…杜甫「龍門奉先寺に遊ぶ」の「覚めんと欲して晨鐘を聞く、人をして深省を発せしむ」(だんだん目が覚めつつある時、朝の鐘の音を聞いた。人に深い悟りを起こさせる音だ)。 ◆かの何がしの女すら、郭公の歌、得よまでかへりわづらひし…「かの女」は清少納言。『枕草子』にある話「五月の御精進のほど」による。清少納言が仲間の女房四五人と賀茂の社の奥にほととぎすの声を聞きに出かけ、ほととぎすの声をきくことはできたものの、田舎の風俗や食べ物にまぎれてついに歌を詠むことがなかった。 ◆荷担の人…味方。

≫次の章 「旅の句集」
≫『鹿島詣』目次へ

解説:左大臣光永