八幡・鎌ヶ谷・筑波山

甲斐のくによりある人の得させたる、檜もてつくれる笠を、おのゝいたゞきよそひて、やはたといふ里をすぐれば、かまがいの原といふ所、ひろき野あり。秦甸の一千里とかや、めもはるかにみわたさるゝ。つくば山むかふに高く、ニ峯ならびたてり。かのもろこしに双剣のみねありときこえしは、廬山の一隅なり。

スポンサーリンク

現代語訳

甲斐の国からある人が送ってくれた檜でつくった笠を、三人それぞれかぶって、八幡という里を過ぎると、鎌谷(かまがい)の原という所に、広い野があった。まさに「秦甸の一千里」とも言うべきか。はるかに見渡される。筑波山が向こうに高く、男体山・女体山の二つの峯が並び立っている。例の、中国に双剣の峯があると聞いているのは、廬山の一隅である。

語句

◆八幡…千葉県市川市八幡町。「八幡の藪知らず」の森は、「一度入ったら二度と出てこれない」という言い伝えがあり有名。◆かまかいが原…千葉県葛飾郡鎌ケ谷町。 ◆秦甸の一千里…土地が広々と広がっている様子。「秦甸」は中国秦の王都近くの土地のこと。藤原公任編『和漢朗詠集』に「秦田一千余里、凛々氷舗、漢家之三十六宮、澄々粉飾」の一句がある。また鎌倉時代の『東関紀行』に「秦甸の一千余里を見渡したらむ心地して、草土ともに蒼茫たり」。 ◆つくば山…茨城県中部の山。頂上が西の男体山、東の女体山にわかれる。筑波嶺、筑波の山とも。歌枕。百人一首「筑波嶺の嶺より落つるみなの川恋ぞつもりて淵となりぬる」(陽成院)で有名。 ◆双剣のみね…廬山にある名峰。廬山は江西省九江市の山。李白・????\?天など文人墨客が訪れた。


ゆきは不申先むらさきのつくばかな

と詠しは、我門人嵐雪が句也。すべてこの山は、やまとだけの尊の言葉をつたえて、連歌する人のはじめにも名付たり。和歌なくばあるべからず、句なくばすぐべからず。まことに愛すべき山のすがたなりけらし。

現代語訳

ゆきは不申先むらさきのつくばかな

雪が降りかかっているのは言うまでも無いが、まず春の紫にかすむ筑波山の姿が素晴らしい。

と詠んだのは、わが門人服部嵐雪の句だ。いったいこの山は、ヤマトタケルノミコトが最初にお供の老人と連歌したという言葉を伝えて、連歌する人の起源とし、連歌のことを「筑波の道」とも言うのだ。せっかく筑波山にきて歌を詠まないのはもったいない。句を作らないで通り過ぎるものではない。実に愛すべき山の姿であることだなあ。

語句

◆嵐雪…服部嵐雪(1654-1707)。宝井其角とならぶ芭蕉の高弟。淡路国三原郡の生まれ。芭蕉没後は江戸俳壇を其角と二分した。 ◆やまとだけの尊の言葉をつたえて…ヤマトタケルノミコトが東国遠征の帰り、甲斐国酒折(さかおり)の宮で、お供の老人の歌問答をしたことを指す。ヤマトタケルが「にひはり筑波を過ぎて幾夜か寝つる(常陸、筑波を過ぎて幾夜寝たろうか)」と詠みかけると老人が「かかなべて夜には九夜日には十日を(日数数えれば夜には九夜日には十日」と答えた。これを連歌のはじめとして、南北朝時代の連歌師二條良基が連歌選集「菟玖波(つくば)集」を編んだ。和歌を「敷島の道」というのに対し連歌を「筑波の道」というのもこのため。 ◆けらし…芭蕉がよく使う言葉(『おくのほそ道』「市振」に「あはれさしばらくやまざりけらし」)。「けり」より詠嘆が強い。


萩は錦を地にしけらんやうにて、ためなかゞ長櫃に折入て、みやこのつとにもたせけるも、風流にくからず。きちかう・をみなへし・かるかや・尾花みだれあひて、さをしかのつまこひわたる、いとあはれ也。野の駒、ところえがほにむれありく、またあはれなり。

現代語訳

萩は錦を地に敷いたように見事に散り敷き、橘為仲が長櫃に宮城野の萩を折りいれて、都への土産として持たせたのも風流なことだと感じ入った。ききょう・おみなえし、かるかや、尾花などが乱れあって、牡鹿が妻をしたってあちこちで鳴くのも、たいへん趣深い。放し飼いの馬が所知ったる顔で群れ歩いているのも、また趣深い。

語句

◆ためなか…橘為仲(?-1085)。平安時代中期の公卿・歌人。官位は正四位下・太皇太后宮亮。淡路守・越後守・陸奥守などの地方官を歴任。晩年に陸奥守となって陸奥国に下り、都に戻る際、土産として十二号の長櫃に宮城野の萩をつめて持ち帰った(鴨長明『無名抄』)。 ◆さをしか…牡鹿の雅語。「さ」は美称の接頭語。 ◆野の駒…放し飼いの馬。

≫次の章 「布佐 鹿島 根本寺」
≫『鹿島詣』目次へ

解説:左大臣光永