更級日記 現代語訳・朗読つき 全篇徹底解読  | 門出

門出

原文

あづま路の道のはてよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひけることにか、世の中に物語といふもののあんなるを、いかで見ばやと思ひつつ、つれづれなるひるま、宵居などに、姉、継母やなどやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ。いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、手洗ひなどして、人まにみそかに入りつつ、「京にとく上げたまひて、物語の多くさぶらふなる、あるかぎり見せたまへ」と、身を捨てて額をつき祈り申すほどに、十三になる年、上らむとて、九月三日門出して、いまたちといふ所にうつる。

年ごろ遊び馴れつる所を、あらはにこほちちらして、立ち騒ぎ手、日の入りぎはの、いとすごく霧りわたりたるに、車に乗るとて、うち見やりたれば、人まには参りつつ額をつきし薬師仏の立ちたまへるを、見捨てたてまつる悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。

語句

■あづま路の道のはてよりも… 「あづま路の道のはて」は常陸国。「あづま路の道のはてなる常陸帯のかごとばかりもあひ見てしがな」(古今六帖・五 紀友則)「常陸帯」は鹿島神宮に供える帯。その帯に好きな相手の名を書いて備えると結ばれるという。「かご」は帯の留め金で「かごと」と掛ける。「かごと」はかりそめ。「常陸国にあるという常陸帯の留め金ではないが、ほんのかりそめでも、あなたに会いたいものだ」。 ■なほ奥つ方 作者が少女時代を過ごした上総は常陸より西であり、「奥つ方」というのはおかしいが、虚構と現実が入り混じっているものか。 ■あやし みすぼらしく鄙びていて教養が無いこと。 ■あんなる 「あるなる」の音便。「なる」は推定伝聞の助動詞。 ■宵居 夕食後の団欒。 ■ゆかし ~したい。 ■人まに 人目の無い時に。 ■身を捨てて 身を投げ出して。 ■十三になる年 寛仁4年(1020年)菅原孝標は上総介の任期を終えた。 ■いまたち 地名。詳細不明。千葉県市原市馬立と見られている。 ■あらはに 外から丸見えなほど ■こほちちらして 家具などをとりはずすこと。 ■すごく ひどく。程度がはなはだしいこと。 

現代語訳

「あづま路の道のはて」と歌に詠まれた常陸の国よりさらに田舎に生まれた私が、どれほど人目にはみすぼらしく見えただろうに、何を思ったか、世の中に物語というものがあるのを、どうにかして見たいと思いつつ、昼間の暇な時や、夕食後の団欒のひとときなどに、姉や継母といった人々が、あの物語、この物語、光源氏のありようなど、所々語るのを聞いていると、話全体を読みたいと思えてくるのだが、どうして私の希望どおりにぜんぶ暗記していて語ってくれたりするだろうか。

たいそう心細いままに、等身大の薬師仏を作らせて、手洗いなどして、人目の無いときに密かに持仏堂に入って額づいて身を乗り出して、「京に早く上がれますように。物語がたくさんあると聞いています。ある限り見せてください」と、身を投げ出して額づいて祈り申し上げているうちに、十三になる年、父の任期が切れたので京に上るということで、九月十三日、門出して、ひとまず、いまたちという所に移った。

長年の間遊び馴れた家を、外から丸見えになるまでに壊して家具などを取り外して、人々は引っ越しの準備におおわらわだ。日の沈みぎわ、たいそうひどく霧が立ち込めているところ、車に乗るにあたって家のほうを見やると、人目をしのんで参りつつ額づいていた、あの薬師仏がお立ちになっているのをお見捨て申し上げる悲しさに、人知れず泣けてきたのだ。

次の章「上総から下総へ



目次
発売中

『伊勢物語』全125段を、10時間半にわたって朗読・解説したCD-ROMです。無料のサンプル音声を公開中。
http://sirdaizine.com/CD/Ise.html

リンク