先帝身投

スポンサーリンク

源氏の侍たちは平家の舟に乗り移り、
船頭や水夫もお構いなく殺しまくります。

もはや船の操縦もままならず、船底には
たくさんの死体が転がっていました。

総司令官の新中納言平知盛は、小舟に乗って
安徳帝のまします御座船に参って、

「世の中はもはやこれまでと見えます。
見苦しいような物はみな、海へお投げ入れください」

知盛は船の中を走り回り、
掃いたり拭いたり、手づから掃除をします。

そこへ女房たちが、
「中納言殿、戦はどうなっているのです」

知盛は、

「都ではめったに見られない東男を、
すぐにご覧になれますよ」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
めづらしき東男をこそ
御覧ぜられ候はんずらめ
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そう言ってからからと笑いました。

「こんな時に、戯れを言っている場合ですか!」

知盛の言葉に、女房たちはおめき叫びました。

二位尼時子はこの様子を見て、
普段から覚悟していたことなので、
船端へ歩み出でます。

8歳の安徳帝を抱き奉り、
三種の神器のうち、草薙剣を腰に差し
やさかにのまがたまを脇に抱え、
船端へ歩み出でました。

「わが身は女ではありますが、敵の手にかかるつもりはありません。
君の御共に参ります。さあ、主上に御志を通い参らせる人々は、
いそぎ私に続きなさい」

安徳帝はこの年8歳ですが、年の頃よりはるかに大人びていらっしゃり、
見目形 麗しく、あたりも照り輝くばかりでした。

茫然とした様子で、

「尼ぜ、われをどこへ連れていこうとするのじゃ」

二位尼時子は安徳帝に向かいあい、
涙を流して申し上げるには、

「わが君はまだ御存知ではございませんでしたか。
前世でのよい行いによって万乗の主としてお生まれになりましたが、
今や悪縁に引かれ、運が尽きてしまいました。

まず東へ向かい手をあわせ、伊勢大神宮に御暇申し上げられ、
それから西に向かい西方浄土の来迎に預からんと
念仏をお唱えください。
この世はつらい所ですから、極楽浄土というめでたい所へ
お連れいたします」

安徳帝はその言葉通り、

東へ向かい手をあわせ、伊勢大神宮に御暇申し上げられ、
それから西に向かい西方浄土の来迎に預からんと
念仏をお唱えになると、

ひしっと、
二位尼は安徳帝を抱き奉り、

「浪の下にも都はございます」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「浪の下にも都のさぶらふぞ」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

と慰め奉り、

ざぶっ

と、千尋の底へ沈みました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
悲しき哉、無常の春の風、
忽ちに花の御すがたをちらし、
なさけなきかな、分段のあらき浪、
玉体を沈め奉る。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

≫次章「能登殿最期」



スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク