那須与一

スポンサーリンク

屋島の合戦のさなか。

阿波・讃岐の豪族たちは次々に平家を背き、源氏に従い着きます。
義経軍はいつしか三百余騎に膨れ上がりました。

平家は海にズラリと舟を並べ、源氏は陸地に陣をしいている状況です。

夕暮れになり、「今日の戦は終わりだ」という頃になって、
沖から一艘の小舟が近づいてきます。

「ん、なんだあれは?」

と源氏方が見ていると、
舟には歳十八、九ほどの女官が乗っており、
船板に棒を立てた先に扇を挟んで、源氏方に手招きしています。

義経は後藤兵衛実基を呼び、「あれは何だ」と尋ねます。

後藤兵衛実基は、、
「うまく射ぬいてみよ、ということでしょう。
ただし、大将軍自ら矢面に立ち、相対すならば、
腕達者な者に狙撃させようという計略と思われます。
…そうは言っても、やはり敵の挑戦。扇を射させるべきでしょう」

「うん。誰かおらぬか?」

こうして召し出されたのが、
空飛ぶ鳥も三羽に二羽は必ず射落とす、
下野国の住人、那須与一宗高でした。

義経

「どうだ宗高、あの扇の真ん中を射て、平家に見物させてやれ」
与一「成功は覚束ないところです。射損ずれば後々まで御味方の名誉の傷となりましょう。
私などより、もっと確実な方にお命じになったほうがよかろうと思われます」

義経は怒ります。

「ひとたび鎌倉を発って西国へ赴いたからには、義経の命は絶対である。
少しでも不満のある者は、さっさと立ち去れい」

そこまで言われては仕方無いと、与一は
扇の的を射抜く決意をします。

スポンサーリンク

与一は黒く逞しい馬に乗って水際へ乗り出します。
その与一を見て、味方の武士たちは、
「この若者なら、きっとやりおおせるだろう」と頼もしく思います。

与一は馬を一段(約11メートル)ばかり海へ打ちいれます。
扇の的まではまだ七段ほどもある上、
二月十八日(旧暦)酉の刻(午後六時)のことではあり、
風は激しく波は荒れ、扇の的はひらひらと風にはためいています。

沖には平家が船を並べて見物し、
陸地には源氏が馬の首を並べて見物しています。

沖を見ても、陸地 を見ても、まさに「晴れの場」です。

与一は目をふさいで祈ります。

「南無八幡大菩薩。わが故郷下野国の神、日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神。
どうか、あの扇の的を射させてください。
もし射損ずるなら、弓を切り折り自害して、人に再び顔向けしない覚悟です。
今一度本国(那須)へお帰しくださるおつもりならば、この矢を外させないでください」

与一が目を開くと、風が吹き弱り、扇の的が射やすくなっていました。

与一は鏑矢を取り、ひき絞ってひょうと放ちます。
与一は小柄ながら腕力が強く、十二束三つぶせの強く放った矢は
浦々いったいに響き渡 るほど風を切って飛んでいき、見事扇を射抜きました。

沖の平家も、陸地の源氏も、いっせいに大喜びしました。

≫次章「弓流」



スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク