平家落人伝説 那須大八と鶴富姫

スポンサーリンク

平家一門は壇ノ浦に滅んだなんて言いますが、
全滅したわけではなく落人がいくらもいました。
全国には平家の隠里なるものが沢山あります。

その中に
宮崎県東臼杵郡椎葉村(ひがしうすきぐんしいばそん)に伝わるお話です。

平清盛の孫鶴富姫(つるとみひめ)は
壇ノ浦の戦いの後、わずかなお供とともに
宮崎県の山中まで逃げ延びてきました。

たいへんな山奥です。
ホウホウとふくろうが鳴き、狼でも出そうな雰囲気です。

「はあ…逃げ延びたのはいいけれど、
こんな山奥で、これからどうやって生きていけるかしら」

しかし鶴富姫一行は村の人々に快く受け入れられます。

農作業を教えてもらって、また住まいを提供され、
こっちもご恩返しがしたいということで
土地の人たちに都の遊びを教えます。

歌ってのはこう作るんです、笛はこうに吹くんです、
または地元の子供たちから田舎の遊びを教わったり、
お侍さんこま回しヘタだなあ、
そうかいヘヘなんて言ったかもしれません。
すっかり村の生活になじんでいきました。

食べ物はうまいし空気は綺麗。
人の心はおおらかで、なるほど戦はつまらん。
やあやあ我こそはなんて名乗りあって、
アホらしいことであった。

しかし、

そんな平和な山中にも源氏の討手がやってきます。

那須大八郎宗久。

かの屋島の戦いで扇の的を射た、
那須与一宗高の弟とされる人物です。

「この村に平家の落人が逃げ込んだようだ。
隠すとためにならん。差し出せ」
「ああ…これでは村の方々に迷惑がかかってしまう…
私です。私が平清盛の孫娘です。
供回りの者には何の罪もありません」

しかし村人たちが
「この方たちはとても平和な人たちです。
子供たちともよく遊んでくれます」
ワアワア言い出します。

そこで那須大八郎、
(うーん急ぐことではなし、しばらく様子を見るか)

村でしばらく生活しているうちに
食べ物はうまいし空気はきれい、人の心はおおらかで、
なるほど戦はつまらん。やあやあ我こそはなんて言って
アホらしいことであった。

スポンサーリンク

那須大八郎、しまいには
平家のお姫さま鶴富姫といい仲になり
子をもうけたという、
宮崎県東臼杵郡椎葉村につたわる平家の落人伝説です。

ほんとうにこんな事があったかどうかは
わからないですが…

人の心は素朴である、
戦だ何だ言っても、心の底ではわかりあえるはずだ…

そんな願いから生まれた伝説なんだと思います。

宮崎県につたわる民謡「ひえつき節」は
鶴富姫と那須大八郎宗久のことを歌っています。


庭の山しゅうの木 なる鈴かけて
鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれよ

鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ
駒(うま)に水くりょと 言うて出ましょ

おまえ平家の公達のながれ
おどま追討の那須の末

那須の大八 鶴富置いて
椎葉たつときゃ 目に涙

泣いて待つより 野に出て見やれ
野には野菊の 花盛り


≫続き 「頼朝の旗揚げ」



スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク