更級日記 現代語訳・朗読つき 全篇徹底解読  | 継母の名のりを責める・将来についてのはかない空想

継母の名のりを責める・将来についてのはかない空想

原文

継母なりし人、下りし国の名を宮にもいはるるに、こと人通はして後も、なほその名をいはると聞きて、親の、今はあいなきよしいひにやらむとあるに、

朝倉や 今は雲居に 聞くものを なほ木(こ)のまろが 名のりをやする

かやうにそこはかとなきことを思ひつづくるを役にして、物詣でをわづかにしても、はかばかしく、人のやうならむとも念ぜられず。このごろの世の人は十七八よりこそ経よみ、おこなひもすれ、さること思ひかけられず。からうじて思ひよることは、「いみじくやむごとなく、かたち有様、物語にある光源氏などのやうにおはせむ人を、年に一たびにても通はしたてまつりて、浮舟の女君のやうに、山里にかくし据ゑられて、花、紅葉、月、雪をながめて、いと心ぼそげにて、めでたからむ御文などを、時々待ち見などこそせめ」とばかり思ひつづけ、あらましごとにもおぼえけり。

語句

■継母なりし人、下りし国の名… 孝標の妻、上総は任地上総から名を取る。孝標と別れた後、後一条天皇に仕え上総大輔(かずさのたゆう)と呼ばれていた。 ■「朝倉や木(き)の丸殿(まろどの)にわれ居れば名のりをしつつ行くは誰が子ぞ」(新古今集・天智天皇)をふまえる。『十訓抄』によると、天智天皇が一時世をしのんで筑前朝倉宮に丸木でつくった御殿に住まっておられた。人が訪ねてきた時は用心のため、必ず名乗らせたと。この歌をふまえて、「木のまろ」が「名のり」を引き出す序詞。

現代語訳

継母であった人が、私の父が下った任地上総から名を取って、宮中に上がってからも上総大輔と名乗っていたのだが、他の夫と結婚して後も、なおその名を名乗っていると聞いて、父が、今は不都合だという由をいいやるというので私が代筆して、

天智天皇がましました朝倉の木の丸殿は遠い昔の話となりました。そんなふうに、あなたが私と夫婦だったのも遠い昔になりましたのに、あなたはまだ上総を名乗っているんですか。やめてください。

このような、取るに足らないことを思い続けるのを習いにして、物詣をわずかにしても、しっかりと、人のようになろうとも念じられない。最近の世の人は十七八歳から経文を詠み、勤行をもするのだが、そんなこと思いもよらない。

からうじて思いつくことしては、「たいそう高貴で、姿形、物語にある光源氏のように美しくいらっしゃる人を、年に一度でも通わせ申し上げて、浮舟の女君のように、山里に自分は隠し置かれて、花、紅葉、月、雪をながめて、たいそう心細げに、見事な文などを、時々待っていて見ることなどしたい」などと、そんなことばかり思い続け、そうなりたいと、願うのだった。

前の章「東山より帰京」|次の章「父の常陸介拝命



目次
発売中

『伊勢物語』全125段を、10時間半にわたって朗読・解説したCD-ROMです。無料のサンプル音声を公開中。
http://sirdaizine.com/CD/Ise.html

リンク