更級紀行

木曽路は山深く、道さがしく、旅寝は力も心もとなし…

貞享5年(1688)8月、松尾芭蕉は『笈の小文』の旅の帰路、門人越智越人を伴い、中仙道を通って更科姨捨山の月を見、善光寺詣でをしてから江戸に戻りました。『更級紀行』はその道中を描いた紀行文です。木曽路の険しさを象徴するような緊張感の高い名句の数々。短いながら味わい深い作品です。

この翌年、芭蕉は生涯最大の『おくのほそ道』の旅へと向かうこととなります。

当サイトでは『更級紀行』すべての章・すべての句の原文・訳・詳しい語句解釈に加え、主要な場面は朗読とともにお楽しみいただけます。文字と音によって、よりいっそう『更級紀行』の旅をより立体的に感じていただけます。

スポンサーリンク

さらしなの里、おばすて山の月見ん事、しきりにすゝむる秋風の心に吹さはぎて、ともに風雲の情をくるはすもの、又ひとり越人と伝。木曾路は山深く道さがしく、旅寐の力も心もとなしと、荷兮子が奴僕をしておくらす。おのゝ心ざし尽すといへども、駅旅の事心得ぬさまにて、共におぼつかなく、ものごとのしどろにあとさきなるも、中ゝにおかしき事のみ多し。

現代語訳

更科の里、姨捨山の月を見ることをしきりに勧める秋風が心の中に吹き騒いで、ともに自然の中に遊ぼうと物狂いをおこしている者がまた一人。越人という。木曾路は山が深く道もけわしいのだから、旅寐を続ける体力も心配だといって、名古屋の門人荷兮が、下男をつけて送ってくれた。いろいろな人が心を尽くして気をつかってくれるのだが、旅や宿の事には通じていない様子で、皆頼りなく、物事がしどろもどろに前後するのも、かえって面白く思える事が多いのだ。

語句

◆さらしなの里…長野県更埴市・埴科郡戸倉町付近。 ◆おばすて山…「わが心なぐさめかねつ更科や姥捨山にてる月を見て」(『古今集』よみ人しらず)以来、月の名所。 ◆風雲の情…自然の中に遊ぶ心。 ◆越人…越智越人(1656-1736)。越後出身で名古屋に住んでいた。『更級紀行』の旅に同行し、その後2か月ほど芭蕉庵に滞在。蕉門十哲の一人。 ◆木曾路…歌枕。広義には中山道。ここでは塩尻市の洗馬(せば)、贄川(にえかわ)あたりから馬籠あたりまでを言うか。 ◆さがしく…険しく。 ◆荷兮子。山本荷兮。通称は武衛門。名古屋在住の医師。蕉門の重鎮だったが、後に芭蕉と袂を分かった。 ◆奴僕…下男。 ◆駅旅の事…旅や宿の段取り。 ◆しどろに後先なる…しどろもどろに前後する。


何ゝといふ所にて、六十斗の道心の僧、おもしろげもおかしげもあらず、たゞむつゝとしたるが、腰たはむまで物おひ、息はせはしく、足はきざむやうにあゆみ来れるを、ともなひける人のあはれがりて、をのゝ肩にかけたるもの共、かの僧のおひねものとひとつにからみて馬に付て、我をその上にのす。

現代語訳

何とかという所で、六十ほどの乞食行脚の僧が、愛想も愛嬌もなく、ただむっつりとつまらなそうにしているのだが、腰が曲がるほど荷物を背負って、息はせわしく、足は一寸刻みで歩み来たのを、供の人々があわれがって、それぞれが肩にかけた荷物をその僧の背負っている荷物と一つにまとめて馬にくくりつけて、私をその上に乗せた。

語句

◆道心の僧…乞食行脚をしている僧。 ◆むつむつ…むっつりして面白くもない様子。◆おひねもの…背負っている荷物。伊賀・伊勢・近江の方言に背負うことを「おいねる」という。


高山奇峰頭の上におほひ重りて、左りは大河ながれ、岸下の千尋のおもひをなし、尺地もたいらかならざれば、鞍のうへ静かならず、只あやうき煩のみやむ時なし。

現代語訳

高い山や見たこともない形の峰が頭の上に覆い重なって、左には大河が流れ、崖の下は千尋もの深さがあるように思われ、びくびくしながら道を進んでいく。少しも平らな地が無いので、ただ危なっかしく煩いばかり止む時が無い。

語句

◆高山奇峰…高い山や見たこともない形の峰。 ◆大河…木曽川。 ◆尺地…ほんの少しの地。


桟はし、寝覚など過て、猿がばゝ・たち峠などは四十八曲リとかや。九(つづら)折重りて雲路にたどる心地せらる。歩行より行ものさへ、眼くるめきたまいゐしぼみて、足さだまらざりけるに、かのつれたる奴僕いともおそるゝけしき見えず、馬のうへにて只ねぶりにねぶりて、落ぬべき事あまたゝびなりけるを、あとより見あげてあやうき事かぎりなし。仏の御心に衆生のうき世を見給ふもかゝる事にやと、無常迅速のいそがはしさも我身にかへり見られて、あはの鳴門は波風もなかりけり。

現代語訳

桟橋・寝覚の床などを過ぎて、猿が馬場・立峠などは四十八曲りもあるかと思うほど、道が曲がりくねっている。

幾重にも道が折り重なって、雲の中の道をたどっている心地がする。歩いていくものさえ目がくらみ魂がしぼみ足ががくがくするのに、例の連れてきた下男は、まつたく怖がる気配も見えず、馬の上でただひたすら眠って、落馬しそうな場面も数回あり、後から見上げていると、どこまでも危なっかしく心配になる。

仏の御心で浮世の民をごらんになるのもこのようなお気持ちかと、万物がめまぐるしく流転して、一定の状態にとどまないことも身につまされて実感され、阿波の鳴門をわたってみたが、まったく波風が無いようなものだ。人生の荒波に比べたらと兼好法師が詠んだというが、まったくその通りだと思った。

語句

◆桟はし…険しい崖の中腹に板を渡して橋としたもので、木曾路の歌枕。ここでは固有名詞。木曾路の中。現上松町と木曾福島町の間。 ◆寝覚…寝覚の床。木曾路の名所。巨大な花崗岩が木曾川の激しい流れに侵食されてできた地形。「木曾八景」の一つ。 ◆猿がばゝ…猿が馬場峠。長野県東筑摩郡麻積(おみ)村市野川区から更埴市八幡へ通じる道。松本の北方。 ◆たち峠…立峠。東筑摩郡四賀村会田から本城村乱橋へ行く道。松本の北。順番としては立峠→猿が馬場となるが、芭蕉は逆に書いている。 ◆四十八曲リ…曲がりくねっているさま。 ◆九折重りて…幾重にも折重なったさま。◆無常迅速…万物がめまぐるしく流転して、一定の状態にとどまないこと。 ◆あはの鳴門…「世の中を渡りくらべて今ぞ知る阿波の鳴門は波風もなし」(伝吉田兼好)阿波の鳴門を渡ってみたが、何でもない。人生の荒波に比べたら、まったく波風が無いようなものだ。


夜は草の枕を求て、昼のうち思ひもうけたるけしき、むすび捨たる発句など、矢立取出て、灯の下にめをとぢ頭たゝきてうめき伏せば、かの道心の坊、旅懐の心うくて物おもひするにやと推量し、我をなぐさめんとす。わかき時おがみめぐりたる地、あみだのたふとき、数をつくし、をのがあやしとおもひし事共はなしつゞくるぞ、風情のさはりとなりて何を伝出る事もせず。とてもまぎれたる月影の、かべの破れより木の間がくれにさし入て、引板の音、しかおふ声、所ゝにきこへける。まことにかなしき秋の心爰に尽せり。

現代語訳

夜は仮の宿を求めて街道沿いの旅館に泊まった。昼のうちに心にとどめておいた景色や、作り捨てて推敲もしていない発句などを、矢立を取り出して灯火の下に目を閉じ頭を叩いてうめき伏していると、例の乞食行脚の僧が、私が旅の物憂さに沈み込んでいるとあて推量して、私を慰めようとする。

若い時巡礼した地、阿弥陀如来がいかに尊いかなど、次々と話し、自分が興味深く面白いと思う多くの事を話し続けるのが、風情の差しさわりとなってさっぱり句はできなかった。

どうせ風情は失われてしまったので、いまさら月を見てもどうにもならないのだが、それでも月の光は壁の破れから木の間を漏れてさし入ってきて、田の引板がカラカラ鳴る音、鹿を追う声所々に聞こえてくる。

実に悲しい秋の風情。ここに極まるといったところか。

語句

◆草の枕…仮の宿。 ◆思ひもうける…心にとどめる。 ◆をがみめぐる…巡礼する。 ◆をのがあやしとおもひし事共…自分が興味深く面白いと思う多くの事。 ◆とても…どうせ。といっても。など諸説あり。 ◆木の間がくれ…木の間をもれて。 ◆引板…ひた。田の鳥を追い払うための鳴子。 ◆かなしき秋の心…「物の色は自ら客の意(こころ)を傷ましむるに堪へたり。宣(むべ)なり愁の字をもて秋の心に作れること」(小野篁)。「月みれば千々に物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど(百人一首 大江千里)。


「いでや月のあるじに酒振まはん」といへば、さかづき持出たり。よのつねに一めぐりもおほきに見えて、ふつゝかなる蒔絵をしたり。都の人はかゝるものは風情なしとて、手にもふれざりけるに、おもひもかけぬ興に入て、【王+青?】碗玉巵の心ちせらるも所がらなり。

あの中に蒔絵書たし宿の月

現代語訳

「さあ月見のご馳走をいたしましょう」と宿の人たちが言って、盃を持って外に出てきた。一般的な盃よりも一回りも大きく見えて、さほどうまくない蒔絵を押してある。都の人はこのような器は風情が無いというと手にも触れないだろうが、私には思いがけず趣深く感じられ、玉の碗に玉の器と思われるのだが、こんな山中で飲んでいる場所柄からだろうか。

あの中に蒔絵書たし宿の月

山中の宿で見る月は格別に趣深い。あの月に蒔絵を書きたいものだ。

語句

◆いでや…さあ。 ◆月のあるじ…「あるじ」は饗応。ご馳走。月見の饗応に。◆一めぐり…一まわり。 ◆蒔絵…漆地に金銀の粉や箔、貝などを置いて描いた模様。 ◆【王+青】碗…【王+青】などという字は無い。芭蕉の間違いと思われる。「青碗」「碧碗」「清碗」などのことか? ◆玉巵…玉壷とも。


桟やいのちをからむつたかづら

桟や先おもひいづ馬むかへ

霧晴れて桟は目もふさがれず 越人

さらしなや三よさの月見雲もなし 同

現代語訳

桟やいのちをからむつたかづら

音に聞こえる木曾の難所だけある。千尋もあろうかという崖の上を桟橋がかかっている。ふと見るとつたかずらが、その桟橋に命限りとからみついている。

桟や先おもひいづ馬むかへ

桟橋をわたる時、つくづく思うのだ。その昔、都に木曾の馬を献上する、その駒迎えの時、どんなに危険な思いでこの桟橋を渡っていっただろうと。「駒むかへ」は、古来、八月に各地から奉納される馬を逢坂の関まで迎えること。季語は「駒むかへ」で秋。 

霧晴れて桟は目もふさがれず 越人

霧がかかっている時はまだよかったが、霧が晴れて千尋の谷がまともに見えるようになると、あまりに危なっかしくて片時も目をつぶることができないように思える。 越人

さらしなや三よさの月見雲もなし 同

更科で三晩も続けて月見をした。三晩とも晴れ渡って、夜空には雲ひとつなく月がはっきりと見えた。「三よさ」は「三夜さ」。「三夜」に同じ。「さ」は接尾語。


姨捨山

俤や姥ひとりなく月の友

いざよひもまださらしなの郡哉

ひよろゝと尚露けしやをみなへし

現代語訳

俤や姥ひとりなく月の友

月下に照らされた、姨捨山の見事な姿。言い伝えにあるように、あの山に捨てられた老婆が泣き悲しんでいる俤が見えるようだ。その俤を月の友として、私はしみじみと感慨にふける。『大和物語』などに見える姨捨山伝説をふまえる。ある男が姨捨山に母を捨てたが、月の光を見て後悔し翌朝連れ戻した。 

いざよひもまださらしなの郡哉

当初の望み通り、十五夜を更科で迎えた。一晩たって十六夜。私はまだ更科の地を立ち去らず、月見をしている。「まださらしな」に「まだ更科」と「まだ去らず」を掛ける。 

ひよろゝと尚露けしやをみなへし

女郎花が露に濡れて、その重さに堪えかねてひょろひょろと首をもたげている。その名の通り、手弱女の頼りない風情がある。


木曾のとち浮世の人のみやげ哉

身にしみて大根からし秋の風

善光寺

月影や四門四宗も只一ツ

吹とばす石はあさまの野分哉

現代語訳

木曾のとち浮世の人のみやげ哉

木曾で拾った橡の実を、世の営みにあくせくしている人々への土産に持って帰ろう。少しでも隠遁生活の情が伝わるように。「とち」は「橡」。食用にした。「やまふかみいはにしたたる水とめむかつかつおつるとちひろふほど」(西行)。古来、橡は隠遁者のイメージと結びついた。

身にしみて大根からし秋の風

秋風吹く中、大根が身に染みて辛い。秋の風情だ。

月影や四門四宗も只一ツ

善光寺に月の光が注いでいる。四つの門、四つの宗派に分かれているといっても、その帰するところは一つ。こうこうと輝くあの月のような、真如の光だ。「四門」は善光寺四門。善光寺・浄土寺・雲上寺・無量寺。「四宗」は浄土宗・天台宗・律宗・倶舎宗の四衆派のこととか。詳細不明。

吹とばす石はあさまの野分哉

石を吹き飛ばす勢いで浅間山の野分は吹きすさぶ!

リンク

ページ先頭へ

解説:左大臣光永

スポンサーリンク