須磨

スポンサーリンク

かかる所の穐(あき)なりけりとかや。此浦の実は秋をむねとするなるべし。かなしさ、さびしさ、いはむかたなく、秋なりせばいさゝか心のはしをもいひ出べき物をと思ふぞ、我心匠の拙なきをしらぬに似たり。淡路島手にとるやうに見えて、すま・あかしの海右左にわかる。呉楚東南の詠もかゝる所にや。物しれる人の見侍らば、さまゞの境にもおもひなぞらふるべし。又後の方に山を隔て田井の畑といふ所、松風・村雨ふるさとゝいへり。尾上つゞき丹波路へかよふ道あり。鉢伏のぞき・逆落などおそろしき名のみ残て、鐘懸松より見下に、一の谷内裏やしきめの下に見ゆ。

現代語訳

「かかる所の秋なりけり」と『源氏物語』にも書かれている須磨の浦の趣深さよ。この海岸の味わい深いのはやはり一番は秋だ。悲しさ、寂しさ、言い表しようもなく、秋なのだから少しは心の端をも句にしようと思ったのは、自分の心を句にする表現力のつたなさをわかっていなかったようだ。

淡路島が手に取るように見えて、須磨・明石の海が右左に分かれている。杜甫が「呉楚東南にサケ」と詠んだのも、こういう所だったろうか。物を知っている人が見たなら、さまざまの場所にこの場所の風情をなぞらえることだろう。

また鉄拐が峯の後ろに山を隔てて田井の畑(はた)という所がある。ここは在原行平に愛された海女の姉妹、松風・村雨の故郷ということだ。

尾根づたいに丹波路へ通う道がある。鉢伏のぞき・逆落など恐ろしい地名だけが残って、義経が松の木に陣の鐘を懸けたという鐘懸松から見下ろすと、一の谷の安徳天皇の御座所が眼下に見える。

語句

◆かかる所の穐なりけり…「須磨にはいとど心づくしの秋風に、(中略)またなくあはれなるものは、かかる所の秋なりけり(他に比較しようもなく趣深いのは、こういう場所の秋なのだなあ)」(『源氏物語』須磨)。 ◆心匠…心のたくみ。ここでは気持ちを文字で表現する能力といったところ。 ◆呉楚東南の詠…「呉楚東南にさけ/乾坤日夜浮ぶ」(杜甫「登岳陽樓」)による。晩年の杜甫が洞庭湖の景色を詠んだもの。 ◆田井の畑…たいのはた。鉄拐が峯の北。 ◆松風・村雨…謡曲『松風』による。須磨に流された在原行平が愛した海女の姉妹。 ◆尾上…尾根。 ◆鉢伏のぞき…はちふせのぞき。鉄拐が峯の続きの崖上。鉢伏山を下にのぞき見る場所。 ◆逆落…一の谷の北の急な坂。◆鐘懸松…鉄拐が峯の中腹。義経が松の木に陣の鐘を懸けたという。 ◆一の谷内裏やしき…安徳天皇の御座所。

 

其代のみだれ、其時のさはぎ、さながら心にうかび俤につどひて、二位のあま君、皇子を抱奉り、女院の御裳に御足もたれ、船やかたにまろび入らせ給ふ御有さま、内侍・局・女嬬・曹子のたぐひ、さまゞの御調度もてあつかひ、琵琶・琴なんどしとね・ふとんにくるみて船中に投入、供御はこぼれてうろくづの餌となり、櫛笥はみだれてあまの捨草となりつゝ、千歳のかなしび此浦にとゞまり、素波の音にさへ愁多く侍るぞや。

現代語訳

源平合戦の時代の乱れさわいださまが、目のあたりに心に浮かび、さまざまな面影が浮かんでは消える。二位の尼君が安徳帝を抱き奉って、建礼門院が御裳に御足をもつれさせなさって、船屋形のほうに転ぶように入って行かれる御有様。

内侍・局・女嬬・曹子といった女官たちが、さまざまの貴人のお道具を持て余して、琵琶・琴などは敷布団と掛布団の間にくるんで船の中に投げ入れるさま。

また天皇の召し上がる食物が、船からこぼれて魚類の餌となり、櫛などを入れておく化粧箱が海に乱れ落ちて漁師も見向きもしない草どうぜんの屑となったこと…いろいろ考えていると、千年来の悲しみがこの浦には留まり、白波の音にさえ愁いが多く含まれていると感じられるのだ。

語句

◆二位の尼…平清盛の北の方平時子(1126-1185)。建礼門院や宗盛らの母。 ◆皇子…安徳天皇(1178-1185)。天皇だが幼少だったので皇子といった。 ◆女院…にょういん。建礼門院徳子(1155-1214)。安徳帝の母。清盛の娘。壇ノ浦の合戦で生き残り、尼になって大原寂光院に隠棲した。 ◆もたれ…「もつれ」の誤記。 ◆船やかた…船屋形。船の上につくった屋敷状のもの。 ◆まろび入…転ぶように入る。 ◆内侍…内侍司(ないしのつかさ)の女官などをいうか。内侍司は天皇近くにお仕えして天皇への奏上・天皇からの宣下を取り次いだ。女官のみで構成された。 ◆女嬬…掃除・点燈などの雑事を行う女官。 ◆曹子…雑事を行う下級の女官。 ◆御調度…貴人のお道具類。 ◆もてあつかい…もてあまして。 ◆供御…くご。天皇が召し上がる食物。 ◆うろくづ…魚類。 ◆櫛笥…櫛などの化粧道具を入れる箱。 ◆あまの捨草…漁師もかえりみない草どうぜんの屑。

≫目次へ

解説:左大臣光永

スポンサーリンク