方丈記 全章徹底解読 音声つき  | 元暦の大地震

元暦の大地震

原文

また同じころとかよ、おびただしく大地震(おおない)ふること侍りき。そのさま世の常ならず、山は崩れて河を埋み、海は傾きて陸地をひたせり。土裂けて水湧き出で、巌(いわお)割れて谷にまろび入る。なぎさ漕ぐ船は波にただよひ、道行く馬は足の立ち処(ど)を惑はす。都のほとりには、在々所々堂舎塔廟ひとつとして全からず、或は崩れ或は倒れぬ。塵灰たちのぼりて、盛りなる煙のごとし。

地の動き、家の破るる音、雷(いかづち)に異ならず。家の内にをれば忽にひしげなんとす。走り出づれば、地割れ裂く。羽なければ、空をも飛ぶべからず。竜ならばや雲にも乗らむ。恐れのなかに恐るべかりけるはただ地震(ない)なりけりとこそ覚え侍りしか。かくおびただしくふることは、しばしにて止みにしかども、その名残しばしは絶えず、世の常驚くほどの地震、二三十度ふらぬ日はなし。十日二十日過ぎにしかば、やうやう間遠になりて、或は四五度、二三度、もしは一日まぜ、二三日に一度など、おほかたその名残三月ばかりや侍りけむ。

四大種のなかに、水火風は常に害をなせど、大地にいたりては、異なる変をなさず。昔、斉衡(さいこう)のころとか、大地震(おおない)ふりて、東大寺の仏の御首(みぐし)落ちなど、いみじき事ども侍りけれど、なほこのたびにはしかずとぞ。すなはちは人みなあぢきなき事を述べて、いささか心の濁りもうすらぐと見えしかど、月日かさなり、年経にし後は、ことばにかけて言ひ出づる人だになし。

語句

■同じころ 事実は前章より3年後の元暦2年(1185年)7月9日。『平家物語』巻12「大地震」に方丈記とほぼ同じ記事がある。 ■ふる 揺れる、震う。 ■在々所々 あちこち

■四大種 物質を構成する根本元素と考えられた地・水・火・風。 ■斉衡 文徳天皇の時代。斉衡元年(854年)11月から四年二月までの年号。斉衡二年五月、東大寺の大仏の頭が落ちたと『文徳実録』にある。 ■すなはちは 直後は。 ■あぢきなき事 かいが無い。無意味だ。努力しても仕方が無い。

現代語訳

また同じころであったであろうか、たいそう大きな地震が起こったことがあった。その様子は世のいつもの様子とはまるで違い、山は崩れて河を埋め、海は傾いて陸地に押し寄せた。

土は裂けて水が湧き出て、岩石が割れて谷に転がり入った。なぎさを漕いでいる舟は波の上にただよい、道行く馬はどこに足を立てていいかもわからないほどであった。

都の郊外には、あちこちの寺の堂や塔が一つとして被害を受けなかったものはなく、あるいは崩れあるいは倒れた。

塵灰が立ち上って、盛んな煙のようである。地が動き家の壊れる音はまるで雷の音と変わらない。家の中にいればすぐにつぶされそうになる。

走り出れば、地面が割れ裂ける。羽が無いので空を飛ぶこともできない。竜であれば雲にも乗れよう。しかし人間はどうにもならない。恐れの中にも恐るべきものは、ただ地震であると、まったく思い知らされたことだった。

このようにひどく揺れることはちょっとの間で止んだけれど、その名残はしばらく絶えず、いつもなら驚くくらいの地震が、一日二三十度揺れない日は無い。

十日二十日過ぎると、やっと間遠になって、或は四五度、ニ三度、もしくは一日まぜ、二三日に一回など、だいたいその名残は三か月ぐらいであったろうか。

地・水・火・風の四大種の中に、水火風は害をなすけれど、大地だけは、別段害をなさなかったのに。昔、文徳天皇の斉衡年間のころとか、大地震がおこって、東大寺の大仏の御首が落ちたことなど、たいへんな事が多くあったけれど、それでも今回の地震よりはひどくないということだ。

直後は人はみな浮世の無意味さを述べて、少し心の濁りも薄らぐかと見えたものの、月日がかさなり、年が経った後は、そんなことは言葉にして言う人すらない。

≫次の章 「世の中のありにくさ」
方丈記 全章徹底解読 音声つき



目次
発売中

『伊勢物語』全125段を、10時間半にわたって朗読・解説したCD-ROMです。無料のサンプル音声を公開中。
http://sirdaizine.com/CD/Ise.html

リンク