方丈記 全章徹底解読 音声つき  | 都遷り

都遷り

原文

また、治承四年水無月のころ、にはかに都遷り侍りき。いと思ひの外なりし事なり。おほかたこの京のはじめを聞ける事は、嵯峨の天皇の御時、都と定まりにけるより後、すでに四百余歳を経たり。ことなるゆゑなくて、たやすく改まるべくもあらねば、これを世の人安からず憂へあへる、実にことわりにも過ぎたり。されど、とかくいふかひなくて、帝よりはじめ奉りて、大臣公卿みな悉く移ろひ給ひぬ。世に仕ふるほどの人、たれか一人ふるさとに残りをらむ。官位(つかさくらい)に思ひをかけ、主君のかげを頼むほどの人は、一日なりとも疾く移ろはむとはげみ、時を失ひ世にあまされて、期(ご)する所なきものは、憂へながらとまりをり。軒を争ひし人の住ひ、日を経つつ荒れゆく。家はこぼたれて淀河に浮び、地は目のまへに畠となる。人の心みな改まりて、ただ、馬鞍をのみ重くす。牛車をようする人なし。西南海の領所を願ひて、東北の荘園を好まず。

その時おのづから事のたよりありて、津の国の今の京に至れり。所のありさまを見るに、南は海近くて下れり。波の音つねにかまびすしく、汐風ことにはげし。内裏は山の中なれば、かの木の丸殿もかくやと、なかなか様(よう)かはりて、いうなるかたも侍り。日々にこぼち、川も狭(せ)に運び下す家、いづくに作れるにかあるらむ。なほ空しき地は多く、作れる屋は少なし。古京はすでに荒れて、新都はいまだ成らず。ありとしある人は皆浮雲の思ひをなせり。もとよりこの所にをるものは地を失ひて憂ふ。今移れる人は土木のわづらひある事を嘆く。道のほとりを見れば、車に乗るべきは馬に乗り、衣冠布衣なるべきは多く直垂を着たり。都の手振りたちまちに改まりて、ただひなびたる武士(もののふ)に異ならず。世の乱るる瑞兆とか聞けるもしるく、日を経つつ世の中浮き立ちて、人の心もをさまらず、民の憂へ、つひに空しからざりければ、同じき年の冬、なほ、この京に帰り給ひにき。

されど、こぼちわたせりし家どもは、いかになりにけるにか、悉くもとの様にしも作らず。伝へ聞く、いにしへの賢き御世には憐みを以て国を治め給ふ。すなはち殿に茅ふきても、軒をだにととのへず、煙の乏しきを見給ふ時は、限りある貢物をさへゆるされき。これ、民を恵み、世を助け給ふによりてなり。今の世のありさま、昔になぞらへて知りぬべし。

語句

■都遷り 治承四年(1180年)4月以仁王の令旨が出され、6月福原遷都、8月頼朝挙兵、9月義仲挙兵。10月富士川の合戦と事件が続いた。 ■嵯峨の天皇の御時 平安京のはじめは794年桓武天皇だが、嵯峨天皇の時代に平城上皇の乱(薬子の変)があり世が乱れた。それ以後平安京が都として落ち着いてきたという味方か? ■ことなるゆゑ 重大な事情。 ■いふかひなくて 不平を言ってもどうにもならず、遷都が強行されたこと。 ■公卿 大臣。大納言・中納言をふくめた三位以上の人。ただし参議は四位でも公卿とされる。 ■世に仕ふるほどの人 朝廷に仕えるくらい(偉い)人。 ■期する ごする。あてがある。期待する。 ■家はこぼたれて淀川に浮かび 家を解体して材木にして加茂川から淀川に流したらしい。 ■地は目のまへに畠となる 食料確保のため宅地を農地にした。  ■馬鞍をのみ重くする いざという時乗って逃げられるので、馬を大事にした。 ■牛車 牛車は貴族の乗り物。こんな乱れた世の中では必要が無い。誰も牛車をほしがらない。 ■西南海の領所 「西南海」は西海と南海。西海は九州。南海は紀伊・淡路・四国。 「領所」は荘園。平家の支配地域。 ■東北の荘園 東国・北国は源氏の蜂起によって流通が途絶える心配があった。

■おのづから ひょっこり。偶然。 ■内裏 『平家物語』では平頼盛の山荘が内裏となった。 ■丸木のままで角材に削っていない材木でつくった宮殿。斉明天皇の西征にあたって九州に建てられた朝倉宮がそうだった。「朝倉や木の丸殿に我がをれば名のりをしつつゆくは誰が子ぞ」(天智天皇 新古今・雑中)。 ■川も狭に 川も狭くなるほど、川一面に。 ■ありとしある人 あらゆる人。 ■衣冠 貴族・官人の宮中の勤務服。 ■布衣 無紋の狩衣。六位以下の身分をさす。ほうい。 ■直垂 武家・公家の平常服。くくり袴で袖にくくり紐、胸に胸紐がある。 ■都の手振り 都の風俗。「天ざかる鄙に五年住ひつつ都の手振り忘らえにけり」(万葉集880 山上憶良) ■瑞相 めでたいしるし。めでたくないが、あえてめでたいと言う。 ■浮き立ちて 浮き足立ちて ■しるし 「著し」。予想通りだ。 ■なほ やはり。

■殿に茅ふきても 古代中国の伝説的な名君尭が、茅葺の軒を刈りそろえず丸木のままの宮殿に住んだと『韓非子』ほかにある。 ■煙の乏しき 仁徳天皇が民の家々から炊事の煙が上がらないのをご覧になり三年間税を免除した話による。

現代語訳

また、治承四年6月頃、急に都遷りが行われた。たいそう思いもよらない事だった。だいたい、この都のはじめは聞くところによると、嵯峨天皇の時代に都と定まってからというもの、すでに四百年を経ている。

重大な事情でもなければ簡単に都遷しなどするべきものでもなく、これを世間の人々は不安がり不平がった。まことに当然すぎることだ。しかし、そのように不平を言ってもどうしようもなく、帝をはじめ大臣公卿みなことごとく住いを移されることになった。

朝廷に仕えるほどの立場の人は、誰が一人で旧都に残るだろう。官位・官職に望みをかけ、主君の権勢を頼むほどの人は、一日でも早く新都に移ろうと励み、時を失い世に忘れられ頼むところの無い人は、嘆きつつも旧都に留まるのだった。

豪奢を競った人々の屋敷は、日に日に荒れてゆく。家は解体されて材木とされて淀川に浮かべられ、宅地は目の前で畠となる。人の心はみな改まって、いつでも逃げようという腹か馬ばかり大事にする。

牛車を持とうという人はいない。平家の支配地域である西海・南海の荘園を、まだしも安全だろうとほしいと願い、東北の荘園は流通が途絶えてしまいそうで、誰も欲しがらない。

その時、たまたまつてがあって、摂津国福原の現在の都に移った。その場所の様子を見ると、南は海が近く、土地が下っている。

波の音が常にうるさく、汐風がたいへん激しい。内裏は山の中にあるので、その昔斉明天皇が西征された時九州朝倉宮が丸木のままの宮殿だったという木の丸殿もこんなふうであったかと、かえって変わった様で、これもいいと思えるのだ。

日々に家が解体され、材木として筏に乗せて川いっぱいに運び下されていく。今度はどこに家を建てるつもりだろうか。まだ空き地のほうが移築された家よりも多い。古き都は荒廃し、新しい都はいまだ都として機能していない。あらゆる人が浮雲のように心細い思いをしている。

以前からこの地に住んでいた者は土地を失って悲しむ。今度移ってきた人は土木の不自由を嘆く。道のほとりを見れば、車に乗るべき身分の人は馬に乗り、衣冠・布衣を着ているべき身分の人は平服の狩衣を着ている。

都の風習はたちまち改まり、ただもう田舎武士とかわらない。世の乱れる前兆だと聞いていたのも予想通りで、日数が経つごとに世の中は浮き足立って、人の心もおさまらず、民の憂いが無視できなかったものと見え、同年冬、やはり帝は平安京にお帰りになられた。

しかし、あちこちで解体した家々は、どうなっただろうか。全部が元通りに建ちはしない。私は伝え聞いている。いにしへの徳の高い君主の時代には、徳をもって国を治めたと。すなわち宮殿の茅葺きさえ刈りそろえず、民衆の家から上がるかまどの煙が少ないのをごらんになっては、限りある貢物さえ民に下されたという。

これは民を恵み、世をお助けになる心からである。今の世がいかにひどいか、昔になぞらえて見るとよくわかる。

≫次の章 「養和の飢饉」
方丈記 全章徹底解読 音声つき



目次
発売中

『伊勢物語』全125段を、10時間半にわたって朗読・解説したCD-ROMです。無料のサンプル音声を公開中。
http://sirdaizine.com/CD/Ise.html

リンク