方丈記 全章徹底解読 音声つき  | ゆく河の流れは絶えずして

ゆく河の流れは絶えずして

原文

ゆく河の流れは絶ずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人と栖と、またかくのごとし。たましきの都のうちに棟を並べ、甍を争へる高き賤しき人の住ひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家は稀なり。或は去年焼けて、今年作れり。或は大家ほろびて小家となる。住む人もこれに同じ。所も変らず、人も多かれど、いにしへ見し人は、ニ三十人が中にわづかにひとりふたりなり。朝に死に夕に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人いづかたより来りて、いづかたへか去る。また知らず、仮の宿り、誰がためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。その主と栖と無常を争ふさま、いはばあさがほの露の異ならず。或は露落ちて、花残れり。残るといへども、朝日に枯れぬ。或は花しぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、夕を待つ事なし。

語句

■ゆく河 長明が生まれ育った下賀茂神社を中州として挟み込む形で流れている賀茂川・高野川はやがて合流して鴨川となる。また下賀茂神社の鎮守の森である糾の森の中にも、瀬見の小川という細い川が流れている。また長明は宇治川の近くに住んでいた。こういったさまざまな「川」のイメージが『方丈記』冒頭に結晶したのかもしれない。 ■うたかた 水の泡。なぜ水の泡を「うたかた」というかは不明。 ■かつ消え、かつ結びて 一方では消え、一方ではできて。二つの動作が同時に起こっている様子。 ■たましきの都 玉敷。玉を敷き詰めたような美しい。 ■仮の宿り しっかりしたものの無い人生で、仮そめの住居。 

現代語訳

河の流れは絶えることなくどこまでも流れていき、しかもそれは元と同じ水ではない。よどみに浮かぶ泡は一方では消え一方ではでき、長い間留まっているということがない。世の中の人とその住居とも、同じようなものだ。

玉を敷き詰めたような美しい都のうちに棟を並べ、甍の高さを競い合っているような高貴な人や賤しい人のすまいは、永遠に無くならないように思えるが、これを「本当か?」と尋ねてみると、昔あった家でかわらず在り続けているのは稀である。

あるいは去年焼けて今年建てなおしたり。あるいは大きな家が崩されて小家になったり。住んでいる人も同じだ。場所は変わらず、人は多いといっても昔見た人はニ三十人のうちにわずかに一人二人といったところだ。

朝に死んで夕方に生まれる、人の性質はまったく水の泡のようなものだ。私にはわからない。

生まれては死んでいく人々がどこから来てどこへ去っていくのか。またこれもわからない。この世で仮の宿にすぎないのに、誰のために心を悩ませるのか、何によって目を喜ばせるのか。その、主人のその住居が無常を競い合っている様子は、言ってみれば朝顔の露と変わらない。

あるいは露が落ちて花が残ることもあるだろう。残るといっても、朝日とともに枯れてしまう。あるいは花がしぼんで、露がまだ消えないでいることもあるだろう。消えないといっても、夕方まで持つものではない。

≫次の章 「安元の大火」
方丈記 全章徹底解読 音声つき



目次
発売中

『伊勢物語』全125段を、10時間半にわたって朗読・解説したCD-ROMです。無料のサンプル音声を公開中。
http://sirdaizine.com/CD/Ise.html

リンク